The following are excerpts from my Facebook album, which I updated daily while working in Ishinomaki.

April 19th

I will miss this city and the people I've met. But, most of all, I will miss the volunteers that I worked with. We shared a common goal and drive; to help Ishinomaki and its people take back a life that has been lost by one of the worst natural disasters in Japanese history. Each and every one of us gave our best, realizing the responsibility of our actions, but we also kept our sanity, never taking our work too seriously by always throwing in a good dose of humor into our conversations.

Every morning at 7 o'clock when our meeting would start, I would look across a room filled with people who have traveled great distances to be here not for money or power, but simply because they care. Looking at the faces of those individuals, I knew that this was a group of people I could trust, and was reassured that what we are doing here will help make a change for the better.

  以下は現地での活動報告を毎晩アップしていたFacebookのアルバムから抜粋したものです。

4月19日

明日この石巻の町と、ここで出会った人達と別れるのが残念だ。でも、最も分かれ惜しいのは共に働いたボランティアの仲間達である。日本の歴史上最大級と言われている今回の震災によって奪われてしまった日常を少しでも取り戻すお手伝いをしたい、そして、それまでの毎日を少しでも心地よく暮してもらいたい。この共通した思いを持って僕らは自分に出来る仕事を探し、懸命に働いた。自分達がなぜここに来ているかをしっかりと認識しながら一人一人が体を動かしていた。だが同時に作業中の笑いは忘れず、重くなりがちな現場の空気を楽しんだりもした。

そして毎朝7時に本部ミーティングが始まると、そこには必ず人の姿があった。気持ちでは残りたくても生活があるからと帰って行く人を見送るが、同時に駆けつけてくれる新しい仲間が絶対にいるのだ。金や名誉なんかの為ではない。単純に黙って見てられない、とにかく何かしたい、という強い気持ちだけで日本中から人が集まって来る。その光景と、そこに集まった人たちの表情を見た時に石巻、東北、そして日本は大丈夫だ、という安心をいただく事ができた。また、そんな仲間達と一緒に働くことができた事を本当に光栄に思っている。




copyright ©2011 arito photography