The following are excerpts from my Facebook album, which I updated daily while working in Ishinomaki.

April 1st

We arrived in Ishinomaki around 3pm, and visited a University campus that is now being used as the headquarters for all volunteer activities. There we met up with Toru, who looked completely exhausted (he has been here for three weeks now). The University volunteer site was clean, organized and completely full of enthusiastic volunteers, and we thought, "wow, this isn't that bad at all, it looks like everything is under control." But, from there, Toru took us to a middle school that is being used as an evacuation center, where they have been cooking warm meals and handing out supplies to victims still living in the area.

As we got closer to the middle school, all positive excitement slowly disappeared, and none of the news images we had seen on TV could have prepared us for the shock that we experienced upon arriving at the site. I can't really express it in words, but it's something like a mix of sadness, fear, powerlessness and loss.

  以下は現地での活動報告を毎晩アップしていたFacebookのアルバムから抜粋したものです。

4月1日

石巻には夕方3時ごろに着き、今回のボランティア活動の総本部となっている専修大学のキャンパスに向かい、震災2日後から現地入りしている友人のとーるさんと合流した。ボランティアセンターではその日の各ボランティア活動や被災者からの問い合わせなどの業務を行っていて、機能は充実しているように見えた。また、テント村に多くのボランティアが集まっている姿を見て僕らは『なんだ、想像していたよりずっと良い状況だ、結構大丈夫なんじゃないの?』という印象を受けた。

そこからとーるさんが今炊き出しを任されている避難所の一つに案内してくれるというので車で付いて行くことにした。街を離れ、海の方へ向かうにつれて周囲の様子はどんどん変わり、さっきまでの僕らの楽観的なムードは一掃された。避難所である中学校に着いて車を降りたときに目の前に広がっていた光景を見て僕らは完全に言葉を失った。どれだけニュースや新聞で被災地の映像を見せられても自分の目で、体で、体験した時の衝撃は比べ物にならない。悲しさ、恐怖、無力さ、虚無感がぐちゃぐちゃに混ざり五感全てを通して体に入ってくるのだ。




copyright ©2011 arito photography